[跡美しゅり アクション・格闘] エロ動画一覧

AV界フリースタイルレズビアンバトル

超豪華8人共演の凄テクAVモンスターvs若きチャレンジャーがガチンコレズバトルで相手を打ち砕く!レズならではの、唾液交換、ベロキス、クンニ、指テク、貝合わせ、首絞め、ビンタ、顔面放尿etc…女同士の目と目の見つめ合い、マンコとマンコの擦り合い、愛し合い・求め合い・イカセ合いで魂をぶつけ合う!「こんなに愛したこと今までなかった…」と言わしめた最高にエロい奇跡のレズビアン傑作スペシャル!!

「AV界フリースタイルレズビアンバトル」の本編動画はこちらから

女優名: 椎名そら, 跡美しゅり, 宮崎あや, 神納花, 波多野結衣, 春原未来, 大槻ひびき, 向井藍

三上翔子杯 又は 紅音ほたる杯

実力派女優揃い踏みな攻め合いでした裏返しに密度が薄く成っていると感じました。

タイマンで時間制限を短くしイカせた回数で競うとしても 時間内に収まらないゆえにタッグマッチ結果 女優さん それぞれの良さが見れなかった思いです。

血で血を洗う ではなく 愛液で愛液を洗うレズがレズバトルの本質と思います。

勝ち負けよりもドロドロの快楽の沼へ落とし合いがレズ勝負の見応えではないでしょうか?先ずモンスター戦を大槻ひびき 神納花 春原未来 つぼみ 友田彩也香 波多野結衣 さんとして三上翔子杯 又は 紅音ほたる杯と銘打って本当にレズスキルが高い女優さんは誰?ってしませんか?

レズバトルのタイトルはずして

「もっと愛して」「愛してる」「気持ち良くして」そして、涙どこがレズバトルなのか?もはや、意味がわからん。

エロさを感じない。

こんなにも涙が止まらない作品初めて

見始めは単なる「ヤラセ」だと思ってしまっていた自分が居たのですが、第1ラウンド・第2ラウンドと進むにつれ「セックスとは何か」「愛するって何か」「レズビアンってなんだろう」とすごく考えさせられました。

女優さんたちのお互いを愛したいという気持ち、そしてそれを受け入れようとする愛情。

全てが伝わって来て、涙が止まりませんでした。

「痛いのとか苦しいのとかが気持ちいんじゃない、お前だから気持ちいい」という神納花ちゃんの言葉に私のずっと思っていた心のなかのレズビアンセックスへの蟠りがスッとなくなり、涙腺が崩壊しました。

単なるセックスではなく、人を愛すること。

そして心で繋がる難しさを改めて感じました。

「愛してる」(だからあなたになら許せるよ)、「それ好き」(あなたを感じられるから)。

こんな風に言葉で伝えることでカッコの中の言葉に触れられるような気がして。

伝えかたが難しいのですが、魂で会話をしているようでした。

それが画面の上の私でも感じられるなんて…。

素晴らしい作品を作ってくださった監督様、スタッフ様、そして出演していただいた方すべてに心より感謝と敬意を申し上げます。

この作品に出会えてよかった!

まさにカオス

ベースは執拗なベロキスと手マンなのですが、随所にバイオレンスを含みます。

・喉の奥まで指を突っ込み、嗚咽させる。

・相手の顔を引っぱたく。

・相手の顔に唾を吐く。

・首を絞める。

これをやられた側は、ドン引き。

さらに同じことをするように強要され、半べそ。

「何が気持ちいいか分からないよ・・・」と椎名そらが呟くシーンがあります。

見ている私も同じ気持ちでした。

「愛は暴力、暴力こそが愛」が裏テーマのようです。

2対2のタッグマッチは、3対1で1人を嬲ることもしばしば。

フリースタイルとは聞こえがいいが、要するにカオス。

どぎつい作品です。

メンバーは豪華なので星2つ。

豪華なメンバーだがレズバトルというより一種のSMプレイ

初めにキャストの感想メンバーは非常に豪華ですが、モンスターチームとチャレンジャーチームという枠組みは不要でした。

これだけのメンバーなのに組み合わせがそんなにそそられないのも珍しい。

個人的には春原未来と波多野結衣によるレズバトルや椎名そらと向井藍によるレズバトルと言った方がそそられますね。

それだけにチーム分けに関しては非常に不満です。

このメンバーでやるならいっその事トーナメントとかにした方が面白そうでした。

また、タッグマッチやチームメンバーが近くに居るとプレイしている人の声が聞こえなくなってしまうんで出来れば一対一が良いですね。

作品の感想魂のぶつかり合いと銘打っていましたが暴力的セックス=愛で魂みたいな。

その暴力がこの作品ではレズバトルであると。

一種のSMに近いイメージです。

レズバトルでは無いよな?って思いました。

アブノーマルレズセックスって言う感じですね。

女同士の意地やプライドを賭けたイカせ合いと言うのがレズバトルだと思っていたのでこれは違うかなと。

ただ内容は非常に濃厚ですのでMOODYZさんにはこれからもレズバトル作品を作っていってほしい。

レズの真骨頂

ベテラン女優とルーキー女優との激しいレズりあい。

興奮冷めやまない濃厚なレズでした。

この作品は勝敗などではなく、まさに究極の求める愛と言えますね。

このレズで今までにない新たな扉を互いに開けたのだと思われます。

これからの彼女達のレズが凄く楽しみです。

最高のレズ作品をありがとう。

苦しみながらイケ!

私は、春原未来さんの特にレズ作品のファンで素顔・卒業・挑発の3部作に上原亜衣ちゃんとの作品等を見て来て、監督が真咲南朋監督と来ればまなちゃん以外全ての監督さん。

期待していましたが、期待以上の愛が溢れる最高贅沢な作品です。

バトル物にした事で、普通のレズ作品より、緊張感が高くなっている。

実際、バトルしていない女優さんが観戦しながら声援やヤジを飛ばす。

前のバトルに刺激受けて次はもっと上って感じになるすのっちと神納花さんは、好きな人ならなんでも受け入れたい。

首を絞めるとアソコも締まると言う噂も、また、Mの人は苦しい痛い等して欲しい事を相手に伝え応える。

その姿勢を後輩女優さんに伝授する感じでプレイしながら教え伝える。

その中で3戦目宮崎あやちゃんが「苦しみながらイケ」名言吐きながらすのっちから受け継いだ姿勢で5戦目世界の波多野の受けの美しい顔を引き出す。

その他、女優さんの潮浴びせの美しい事。

試合終了後の波多野さんの顔の美しい事。

ひびやんの涙の美しい事。

皆が一つになる愛に包まれた様が画面からビンビンに伝わって来て、こちらもビンビンに私には、抜き所満載の最高贅沢な作品でした。

ああ、これは。

LGBTとか置いといて。

sexとかも置いといて。

あなただから「痛みも苦しみも」受け止めれる。

っていうのは性別とかマイノリティとか全部とっぱらった生まれたままの人間の奥底にある本能なのかも。

って実感する作品。

個人的にはこういう作品は好き。

違った意味で名作。

跡美しゅり x 波多野結衣はありません

チャプターごとの組み合わせです。

1:椎名そらx波多野結衣2:向井藍・跡美しゅりx大槻ひびき・神納花3:宮崎あやx春原未来4:椎名そら・跡美しゅりx春原未来・神納花5:向井藍・宮崎あやx波多野結衣・大槻ひびき6:乱交

ハードベクトルを、間違えとる。

まぁ監督がだから仕方ないか。

一流女優集めて、ハードレズプレイ。

その時点で購入だが、プレイ内容に一体感がない。

みんなでまんこ舐め合うとか、入れないと。

「AV界フリースタイルレズビアンバトル」の本編動画はこちらから

Author: erotaro